1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫ストレスが原因で薄毛になるのは本当?抜け毛から守る3つの予防策

ストレスが原因で薄毛になるのは本当?抜け毛から守る3つの予防策

ストレスが原因で薄毛になるのは本当?抜け毛から守る3つの予防策

女性の薄毛には色々な要因がありますが、ストレスも大きな要因の一つです。
最近では、ストレスによって薄毛になる女性が増えています。薄毛は加齢とともに徐々に髪が減少して起こるものだと思う人は多いと思います。
しかし、ストレスで薄毛になるのは10代や20代の若い女性にも当てはまります。

たとえば、

  • 仕事の残業のせいで夜遅くまで働いたり、
  • 友人や恋人との人間関係で悩んだり、
  • 子供が言うことを聞かず子育てに苦労したり、

こういった悩みから過度なストレスがかかって、薄毛が発症してしまうというケースは全く珍しくありません。

現代では、完全にストレスフリーな生活を送ることはできませんが、適度にストレスを発散することで、髪の毛や頭皮へのダメージを和らげることは十分できます。

ストレスを受けると血流が悪くなり、女性ホルモンが減少

過度なストレスがかかると、

  • 頭皮の血行が悪くなる
  • 女性ホルモンのバランスの乱れ

という2つの症状が起こり、抜け毛が多くなります。

ストレスで血流が悪くなる

人間はストレスをがかかると、交感神経により身体が緊張して、筋肉がこわばって、血管が収縮します。血管の収縮状態が続くと血液の流れが悪くなります。血流が悪くなると栄養を運んでいる血が頭皮に満遍なく行き渡らなくなるので、髪の毛を作る細胞に栄養が届きません。その結果、髪の毛の成長が鈍くなり、抜け毛が増えてしまうのです。

女性ホルモンのバランスが乱れる

さらに、ストレスがあると女性ホルモンの一種であり髪の毛の成長を促している「エストロゲン」の分泌量が減ります。その結果、髪の成長速度が遅くなったり、髪の毛のハリやコシがなくなります。髪の毛の成長が鈍化することで、新しい髪がなかなか生えてこない一方で抜ける毛が増えるので、薄毛になってしまうのです。

ストレスで生理が止まったり、生理周期が乱れるのは女性ホルモンのバランスが乱れているからです。女性ホルモンの分泌量が少しでも変化すると女性の体調は大きく崩れるのです。ストレスで生理周期がバラバラになってしまっているという人は要注意です。

さらにストレスによる睡眠障害や摂食障害も原因

過剰にストレスがかかると、食べ物が喉を通らなくなって摂食障害になったり、睡眠不足になる可能性があります。食べ物を十分に取らず、睡眠も十分に取っていないと薄毛はさらに悪化します。

たとえば、睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が不足がちになるので、髪の毛の成長は鈍化します。

また、摂食や過度なダイエットをしていると、頭皮に髪の毛が育つために必要なたんぱく質などの栄養が行き渡りません。しだいに髪の毛はだんだんと細くなっていき、最終的には抜けてしまいます。

ストレスから髪の毛を守るための3つの対策

 生活習慣の改善

食事や睡眠などの生活習慣を改善することは非常に大事です。食事は栄養を頭皮に与え、睡眠は成長ホルモンを促し、身体のダメージを回復するからです。

食事面でいえば、1日3食栄養バランスのとれた食事を取ること。薄毛を改善するには髪の毛に栄養を与えることが最優先です。

また、成長ホルモンの分泌が一番多い22時から2時の時間帯に寝ること。テレビやスマホを見ながらの夜ふかしはやめましょう。

さらに、ストレスを解消するためにアルコールを飲んだり、タバコを吸うといったことは控えましょう。人間はアルコールを分解する際に栄養分を使うので、その分、髪の毛に栄養が行かなくなります。ストレスをアルコールで解消している人は気をつけてください。

 頭皮マッサージ

頭皮を指で直接刺激することで、ストレスによって鈍くなっら血流を良くするのが目的です。頭皮の血行が良くなれば、髪の毛が成長するために必要な栄養を補給することできます。

 適度な運動

体内に溜め込んだストレスを解消するためには適度な運動をすることです。ジョギングや散歩など負担の軽い運動でもいいので身体を動かしましょう。

運動をすれば血流が良くなるだけでなく、ストレスも解消できます。家でのストレッチや筋トレだけでなく、広い公園の自然の中で運動すればよりストレスも発散しやすいでしょう。

さらに、ある程度疲れれば、夜になかなか眠れないという人もぐっすり眠ることができます。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。