1. ホーム
  2. 育毛ケア
  3. ≫生活習慣を改善して抜けそうな髪の毛を蘇らせるには?

生活習慣を改善して抜けそうな髪の毛を蘇らせるには?

生活習慣を改善して抜けそうな髪の毛を蘇らせるには?

髪の毛の発育と身体の健康は強く関係しています。そして、身体の健康は普段の生活習慣によって決まります。健康になるためには、悪い生活習慣をひとつひとつ改善していく必要があるんです。

たとえば、

  • 最近会社が忙しくて睡眠不足になっている
  • ストレスが溜まってタバコやアルコールに依存してしまう
  • ついつい家の中に引き篭りがちになって運動不足になってしまう

という人は注意が必要です。

自分で気付かないうちに、髪に悪い生活習慣を送っているということは誰にでもよくある話なんです。
たった、1日偏食しただけでは髪に変化はありませんが、それが1週間、1か月、1年、何年と蓄積されていくとどうなるでしょうか。髪の毛への悪影響は計り知れません。こういった毎日の生活習慣が実は髪の毛の成長と密接に関係があるんです。

今回は髪の毛によくない生活習慣を紹介しますので、ひとつひとつ改善していきましょう。

喫煙

身体によくないとされているタバコ。タバコは髪の毛にダメージを与えることはあっても、良い影響を与えることはまずないです。

タバコに含まれているニコチンは交感神経を刺激します。その結果、血管は収縮して、血液の流れは悪くなります。血液は毛根から髪の毛が生えてくるために必要な栄養素を運んでいます。血行が悪くなれば、髪の毛には栄養が行き渡らなく、育毛を阻害する原因になるのです。

もちろん、頭皮の血行が悪くなるだけではなく、体全体の血行が悪くなるので、頭皮だけでなく全身にまでダメージを与えます。

アルコール

喫煙と同じように、身体に悪いとされるのがお酒です。アルコールは髪の毛の成長については大きな悪影響はありません。

しかし、もちろんお酒の飲み過ぎは全身の健康状態は悪化させます。身体の健康状態が悪くなれば、髪の毛の成長にもダメージがあります。一切のアルコールを止める必要はありませんが、節度を守って飲むことが重要です。

運動不足

髪の毛が成長するためには、頭皮に血液を送る必要があります。

薄毛対策として頭皮の血行を促進するためには、

  • 頭皮のマッサージをしたり、
  • 禁煙したり、
  • 血がサラサラになるビタミンを摂取したり

するわけです。

でも、ちょっと待ってほしいんです。

頭皮の血行だけ良くしても、体全体の血行が悪かったらだめなんです。全身の血行が良い結果として、頭皮の血行が良くなるんです。全身の血液の流れが悪いのに、頭皮の血行だけ良いなんてことはありません。

そこで運動不足の話が出てきます。定期的に運動をすれば、心肺機能を高めてくれます。その結果、体全体の血管にしっかりと血液を送り出すことができるんです。

ただ、「髪の毛の成長には運動が必要です」といっても、過度の運動をする必要はありません。ウォーキングなどの軽い運動でいいんです。

  • 会社の帰りに一駅遠いところから帰る
  • 駅でエスカレーターを使っていたので階段を使う
  • いつも車で通っていたスーパーに歩いていく

こういった日頃の習慣をちょっとずつ変えていくだけでいいんです。

さらに、適度な運動をすることで全身がリラックスするので、ストレスが解消されるメリットもあります。強いストレスがかかると交感神経が緊張して、血管が収縮します。結果として、血流が悪くなって頭皮にも悪影響なのです。

まとめ

「髪の毛に良い完璧な生活習慣」なんて送る必要はないんです。
ただ、人間は常に楽をしたい生き物です。どんなに健康的な生活をしている人でも、環境が変化したり、年をとるにつれて、生活習慣は徐々に変化していきます。そんな時にちょっと立ち止まって「これって髪の毛に悪いんじゃないかな」と思い返すことが大切です。

よくない習慣をひとつひとつちょっとずつでいいので、改善していくことが大切なんです。悪い習慣が何日も積み重なれば、薄毛にもたらします。

でも、それと同じように生活習慣を改善しようという毎日を積み重ねていけば、徐々に生活習慣が良くなって髪の毛の成長にもつながっていくんです。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。