1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫ポニーテールをしすぎるとハゲる?薄毛にならない方法を伝授

ポニーテールをしすぎるとハゲる?薄毛にならない方法を伝授

ポニーテールをしすぎるとハゲる?薄毛にならない方法を伝授

男性からも人気の高い女性のロングヘア。
しかし、いざ髪の毛を長めに伸ばしてみると、食事中や仕事中に邪魔になったり。そんな時に髪の毛を後ろで縛って、ポニーテールにするとキュッと引き締まって便利です。見た目も可愛いのでこの髪型にしているロングヘアの女性は多いんです。

ただ、ポニーテールは髪が緩まないように後ろに引っ張って結んでいます。ですから、髪の毛や頭皮が後ろに強く引っ張らられて負担がかかっているのです。ポニーテールを長年続けていると分け目や結び目が薄毛になって、地肌が透けてしまうという人も少なくありません。常に髪の毛を引っ張られているという状態は髪にとってはストレスなんです。

今回はポニーテールをしすぎて、はげそうで不安・・という方に向けて、薄毛予防策を紹介します。

ポニーテールをしすぎると牽引性脱毛症になる可能性あり

毎日、髪を同じ分け目で分けていると、地肌が透けてきたと言う経験はないでしょうか。これもポニーテールと同じく、牽引性脱毛症の一種です。

牽引性脱毛症とは、常に同じ髪型をしているために同じ方向に頭皮が引っ張られたため、髪の毛が弱って抜けてしまう症状です。長い時間同じ方向に髪を引っ張っていると髪の毛が痛んで抜けやすくなってしまうのです。

ポニーテールも長い髪を後ろで縛って、強めに髪の毛を引っ張ります。なので、長時間ポニーテールを続けていると、頭皮が痛んではげてしまう可能性があるんです。

牽引性脱毛症の改善方法は?

頭皮に負担をかけない髪の結び方をすること

まずはポニーテールとは、違う髪型にした方がいいです。
そして、「結び目を変えること」「分け目を変えること」を実践してください。ポニーテールで薄毛になってしまう原因は長い間同じ方向に頭皮が引っ張られていたからです。なので、いろいろな髪型に変えて分け目・結び目をずらしていきましょう。

また、どうしてもポニーテールをしたいという人はゴムで後ろ髪をしっかり縛るのではなく、緩めに結んでみるのもオススメです。ただ、頻繁にはポニーテールにはせず、あくまで時々に抑えてください。

育毛ケアをして頭皮環境を整える

頭皮が引っ張られて傷んだとしても、しっかり頭皮ケアを行っていけば改善することが十分できます。

たとえば、お風呂上がりに頭皮マッサージをすれば、血行が良くなって、頭皮環境を整えるのに役立ちます。ちなみに、頭皮をマッサージする際には、爪を立てたり、指で強くゴシゴシとこすると頭皮を痛める可能性があるので控えてください。

また、育毛剤を使うというのも手です。育毛剤は頭皮に栄養を与えて、血行を良くする効果があります。どうしても自然の力だけで治そうとすると時間がかかりますから、勇気を出して育毛剤に頼ってみるのも有効な手段です。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。