1. ホーム
  2. 育毛剤Q&A
  3. ≫女性がミノキシジル育毛剤を服用すると副作用があるのか?

女性がミノキシジル育毛剤を服用すると副作用があるのか?

女性がミノキシジル育毛剤を服用すると副作用があるのか?

男性用育毛剤でよく使用される成分ミノキシジル。男性の発毛に効果的で多くの育毛剤に使われています。

育毛に効果がある成分なら使いたいという女性もいますが、ミノキシジルの使用には注意が必要です。なぜなら、女性と男性では薄毛の原因が異なるため、女性が男性用育毛剤を使えば副作用が大きいからです。

今回はミノキシジルを使う上での注意点、効果、副作用などについて解説していきます。

そもそもミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、育毛剤に含まれる成分の1つであり、医学的にも効果的だと厚生労働省にも認められています。

ミノキシジルは元々、高血圧の予防薬として使われていましたが、髪の毛の成長促進につながる有効成分もあると分かったため、育毛剤にも使われるようになりました。

ミノキシジルの効果とは?

ミノキシジルは、頭皮に塗ることで髪の毛の成長を促進させます。ヘアサイクルでいうと、髪の毛の成長期を伸ばして、休止期を短くしてくれます。弱々しくなった髪の毛も、ハリとコシのある太い毛に成長していきます。

また、ミノキシジルには血管を拡張する効果もあります。血管を拡張して、血行を良くすることで毛根に栄養を補給しやすくなります。その結果、抜け毛の予防や髪の毛の成長を促進させてくれるのです。

ミノキシジルの副作用とは?

こうしたミノキシジルですが、AGA(男性型脱毛症)の予防策として服用されています。男性の男性ホルモンが過剰に分泌されるのを抑えて、薄毛を予防する効果があります。

では、女性もミノキシジル成分の育毛剤を使えば、同じように効果が出るのか、というと注意が必要です。

こちらの記事でも紹介しましたが、男性と女性では薄毛になる原因が違います。男性の薄毛は男性ホルモンの過剰な分泌が原因ですが、女性の薄毛には女性特有の複数の原因があります。ですので、薄毛予防への対策も性別ごとに違ったアプローチが必要なんです。

女性の薄毛も改善できる可能性は高いですが、その分、副作用の影響を受ける可能性もあるんです。なぜなら、男性育毛剤に含まれているミノキシジルは女性には刺激が強すぎるからです。男性の育毛剤のミノキシジルの配合比率は約5%と言われています。これは刺激が強くても大丈夫な肌の強い男性だからこそ、耐えられる割合です。

ですが、肌の敏感な女性が使うにはミノキシジル5%は刺激が強すぎます。女性でも使っていいミノキシジルの割合は約1%です。濃度の濃いミノキシジルを使うとそれだけ副作用が大きくなります。

たとえば、血圧の低下をもたらしたり、体毛が濃くなる可能性があります。元々、ミノキシジルは高血圧を抑制する薬として使われていたので、血圧が低い人が使う場合は十分に注意が必要です。

また、ミノキシジルを使うと血行が良くなるため、動機がしたり、胸がドキドキしたり、心臓に負担がかかりやすくなります。このようなミノキシジルの副作用を理解した上で、服用することが大事です。

デリケートな肌の女性にはオススメできない

低血圧ではないし、多少体毛が濃くなっても気にしないという人はミノキシジルを使ってもいいのかというと、全員がそうとは限りません。女性の状態や体調によってはミノキシジルを使うのをお勧めできません。

たとえば、出産後の女性、授乳中の女性は肌がいつも以上にデリケートになっているため、薬の副作用めちゃくちゃ心配ですよね。

ミノキシジルを使うなら、女性用育毛剤を使うこと

ミノキシジルによって効果を発揮できるのは、FAGAやびまん性脱毛症等の脱毛症の人です。女性は、ミノキシジルの配合比率が1%ほどの女性用育毛剤を使いましょう。男性用育毛剤の中にもミノキシジル成分の低い育毛剤があるかもしれません。

ですが、女性育毛剤はミノキシジル比率が低いだけでなく、美容成分、保湿効果、女性ホルモンへの影響等を考慮した上で開発されています。ミノキシジル入りの女性用育毛剤を選びましょう。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。