1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫喫煙中の女性は知っておきたい!タバコも薄毛の原因になる理由

喫煙中の女性は知っておきたい!タバコも薄毛の原因になる理由

喫煙中の女性は知っておきたい!タバコも薄毛の原因になる理由

タバコと髪の毛。
一見関係ないようにも思えますが、実は喫煙は髪の毛に大きく影響を与えます。

喫煙が抜け毛をもたらす理由とは?

喫煙は、過度のダイエットや睡眠不足と同じように、髪の毛に良くない生活習慣の1つです。
もちろん、髪によくないだけでなく、健康にもよくないと断言はできます。

実は、タバコには4,000種類以上の化学物質が含まれていています。もっと言うと、200種類以上の有害物質、60種類以上の発ガン性物質が入っているんです。

さらに、タバコを吸うということはニコチンを摂取しますよね。ニコチンは血管を収縮させて、血流が悪くさせます。

血行が悪くなると頭皮の血の巡りも悪くなります。血液は髪の毛が成長するために必要な栄養素や酸素を頭皮まで運んでいます。これらが毛根に行き渡らなくなるわけですから、髪の毛には悪い影響しかありません。

さらに、タバコを吸うと、ビタミンCを使います。一本吸うごとに約25mgものビタミンCが消耗するんです。ビタミンCは髪の毛が成長するために必要な栄養素ですから、髪が成長しにくくなります。

また、タバコを吸うと、一酸化炭素が体の中に入ってきます。一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合して、ヘモグロビンが酸素を運搬するのを邪魔するんです。そうなると、体は一種の酸欠状態になります。頭皮には十分な酸素が行き渡らなくなり、髪の毛にダメージを与えます。

薄毛を気にするなら、今すぐタバコをやめるべき

なかなか喫煙を辞められないという人もいると思います。
それに、「タバコ吸っててもハゲじゃない人もいるじゃないか」と思う人もいるかもしれません。

もちろん、ヘビースモーカーでもふさふさの人もいます。そして、タバコを吸っていなくても薄毛の人もいます。
なので、喫煙をすれば、必ず薄毛になるとは言えません。

しかし、タバコが健康に悪いのは間違いありません。そして、身体の健康が悪くなるということは、髪の毛の健康が悪くなることと同じです。少なくとも百害あって一利なしということは断言できます。

薄毛を気にするのであれば、タバコを吸う習慣は今すぐにでもやめるべきです。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。