1. ホーム
  2. 育毛ケア
  3. ≫薄毛予防には良質な睡眠をとって髪の毛を成長させること

薄毛予防には良質な睡眠をとって髪の毛を成長させること

薄毛予防には良質な睡眠をとって髪の毛を成長させること

夜遅くまでスマホやテレビを見て、ついつい夜更かし・・・
なんてことしていませんか?

実は、睡眠不足は髪の毛が成長するチャンスを潰すことになりかねません。

睡眠時間が不規則な生活は身体にとって毒です。
それは髪にとっても同じです。

実際に、生活のリズムが不規則になった時期に抜け毛が増えたという経験をしている人はたくさんいます。

髪の健康は身体の健康と連動しているのです。
健康的な髪の毛を作るためには、良質な睡眠をとることが重要なのです。

なぜ、薄毛予防に良質な睡眠が大切なの?

そもそも質の良い睡眠とはなんなのでしょうか?

睡眠には深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」の2種類があります。寝ている間には、ノンレム睡眠とレム睡眠の2つの状態が交互に訪れます。

夢を見るのは浅いレム睡眠です。このとき、体は休んでいますが脳は寝ていない状態です。
一方で、ぐっすりと熟睡していて体が休憩状態に入っているのはノンレム睡眠です。

ノンレム睡眠と成長ホルモン

                  出典:http://www.shirokawa.jp/

髪の毛が成長するために必要なのはこのノンレム睡眠の時間です。寝始めてから最初のノンレム睡眠の時間に成長ホルモンが大量に分泌されて、体を修復したり、細胞の成長が活性化します。

髪の毛は細胞が分裂することにより伸びているので、成長ホルモンが分泌されることで髪の毛が寝ている間に作られているのです。
つまり、ベットに入ってからぐっすりと寝て、最初のノンレム睡眠の時に成長ホルモンをしっかり分泌することが髪の毛にとって大切なのです。

ちなみに、成長ホルモンは若い人ほどたくさん分泌されています。しかし、成長ホルモンの分泌は20歳をピークにして、歳をとるにつれてだんだんと減っていきます。実は加齢によって、薄毛になりやすいのは成長ホルモンの減少も原因なのです

ですから、年齢が上がっていくにつれて、質の高い睡眠をしっかりとることが薄毛の予防につながるのです。

質の高い睡眠をとるコツとは?

それでは、良質な睡眠はどうしたらいいのでしょうか。

まず、大切なのが「朝起きて日光を浴びて、体内時計はリセットすること」です。

体内時計をリセットすることで眠りを促すメラトニンの分泌が抑えられて、覚醒状態になります。
そして、メラトニンが抑制されてから、14時間〜16時間ほど経過すると、もう一度メラトニンが分泌されて眠気を感じ始めます。人間はこのサイクルを繰り返して、睡眠をとっています。

現代において普通に生活していると、夜遅めに寝てしまって、体内時計が徐々にずれてしまいがちです。そして、夜遅く寝て、朝なかなか起きれないという状態になってしまうんです。そうならないために、朝日を浴びて、体内時計をリセットすることが重要です。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。