1. ホーム
  2. 髪の毛の基礎知識
  3. ≫【図解】ヘアサイクルで理解する髪の毛の生え変わる仕組み

【図解】ヘアサイクルで理解する髪の毛の生え変わる仕組み

頭を洗った時やブラシで髪をといた時に、自然と髪の毛は抜けます。
これは、古くなった髪の毛が抜けただけで、また後から新しい髪の毛は生えてきます。

髪の毛が生えて、成長して、抜け落ちるまでの期間を「ヘアサイクル」と言います。

実は、薄毛はこのヘアサイクルが乱れることで起こるんです。

ヘアサイクル(毛周期)とは?

髪の毛には一定の寿命があります。
髪は毛母細胞が刺激を受けて、分裂して、どんどん成長します。そして、数年間の寿命を迎えると、弱々しくなって抜け落ちていきます。

このように、生えて成長した髪の毛が抜けて、また新しく髪の毛が生えてくるサイクルを「ヘアサイクル(または毛周期)」といいます。
髪の毛が抜けても、いつまでも頭全体の髪の毛がなくならないのは、新しい髪の毛が次から次へと生えてくるからなのです。

髪は1日に平均で50本〜100本くらいは自然に抜けます。人間の頭皮には髪の毛が10万本ほど生えていると言われていますから、100本くらいはなんてことないのです。

ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期の3つに分かれる

ヘアサイクル

出典:http://www.kao.com/

そして、ヘアサイクルは髪の毛の状態に応じて、「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間に分かれています。

成長期

期間:2年〜6年(男性は3年~5年、女性は4年〜6年)

毛母細胞の細胞分裂が活発に行われており、新しい髪の毛がどんどん製造されている期間です。新しく作られた髪の毛は上へ上へと押し上げられます。

成長期の髪が伸びるスピードは1日に約0.3ミリ〜0.4ミリです。また、この速度は頭の箇所によって違っていて、頭頂部の方が側頭部よりも早いです

髪の毛全体の約8割〜9割がこの成長期に当たります。

退行期

期間: 2週間〜3週間

成長期が終わると、毛母細胞の細胞分裂が徐々に衰えて、髪の成長が鈍化して退行期が始まります。

また、髪の毛の色素を決めている細胞の活動も弱まるため、髪の色も薄くなっていきます。

髪の毛全体の約1%がこの退行期に当たります。

休止期

期間:3ヶ月~4ヶ月

毛母細胞の細胞分裂が完全に止まる時期です。休止期では新しい髪の毛は作られません。それと同時に毛根部では、新しい毛母細胞が発毛の準備を始めます。こうして、次の成長期が始まる前に、古くなった髪の毛は抜けていきます。

髪の毛全体の約10%〜15%がこの休止期に当たります。

 

薄毛になるのはヘアサイクルが乱れているから

髪の毛1本1本がそれぞれのヘアサイクルを繰り返しています。
休止期に入れば、髪の毛が抜けるのは自然なことなんです。毛穴の中が健康であれば、髪が抜け落ちたとしても、すぐに新しい髪の毛が生えてくるんです。

でも、女性ホルモンの減少、栄養不足、頭皮環境の悪化などにより、ヘアサイクルが崩れることがあります。

そうなると、成長期が短くなり、休止期が長くなります。つまり、新しい髪の毛が生えてくるまでの期間が長くなります。その結果、髪の毛全体の中で成長期に当たる髪の毛が少なくなって、薄毛状態になってしまいます。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。