1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫女性の薄毛・抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛・抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛・抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れ

歳をとるにつれて、

  • 髪の毛が弱々しく細くなった・・・
  • ハリやコシがなくなってきた・・・
  • 髪にぱさつきが出てきた・・・

などなど、髪質は若い頃と比べて変化していきます。
これは、加齢により血流が悪くなったことだけでなく、女性ホルモンのバランスが乱れたことが主な原因です。

実は、髪の健康と女性ホルモンの減少は大きく関係しているのです。

女性が薄毛を改善するためには、女性ホルモンの乱れが髪の毛がどういった状態に変化していくのかを知ることが重要です。髪の毛が成長するメカニズムを理解して初めて、適切な対策を打つことができるようになるんです。

女性ホルモンのエストロゲンが髪を成長させる

女性ホルモンは、妊娠や出産、生理、女性らしい外見や若々しさに大きく関わります。
女性の卵巣からは、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つの女性ホルモンが分泌されています。

髪の健康に影響を与えるのがエストロゲンです。髪を成長させ、健康的に維持する役割を果たしています。

このエストロゲンの分泌量が減少すると、髪の毛の休止期が長くなって、成長期が短くなります。そして、髪の毛はしだいに細くなって抜けていくのです。

女性ホルモンの分泌は30歳前後がピーク

女性ホルモン

                        引用:https://www.zakuroya.com

実は、女性ホルモンは30歳前後をピークに分泌量が減少していくと言われています。
35歳を過ぎると徐々に減少していって、40代半ばからの更年期ではさらに減少していきます。
このように、加齢に伴って女性ホルモンの分泌量が減少していくと、髪の質もいろいろ変化していくのです。

  • 20代:女性ホルモンの分泌量がピーク。髪の毛はハリやコシがある健康的であり、髪の量もたくさん生えています。
  • 30代:女性ホルモンが徐々に減少していく時期。しなやかだった髪の毛にも、くせ毛やうねりが出始めます。
  • 40代・50代〜:更年期になると髪の質が低下していきます。特に、閉経後には薄毛も目立つようになります。また白髪が増えていく時期でもあります。

薄毛を早めに予防することが大事

加齢によって、ホルモンバランスが崩れることは誰にでも自然と訪れます。

しかし、人によって薄毛の進行度合いは違います。実際に60代70代でも髪がフサフサの方はたくさんいます。

ですから、歳をとったからといって、必ずしも薄毛になるわけではないです。女性ホルモンの減少は薄毛に大きく影響しますが、歳をとったからと言って諦める必要はありません。

何も対策をしない場合と頭皮ケアを行って薄毛の進行を緩やかにする場合とでは、髪の毛の質は天と地ほどの差が出てきます。
幸いなことに現在では、薄毛を予防する知識や商品は簡単に手に入りやすくなっています。薄毛の原因を一つ一つ改善していくことで、きっと綺麗な髪に戻すことができますよ。

よかったらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。